投稿者「admin」のアーカイブ

コンタクトレンズを購入するのに処方箋はいるのか?

「コンタクトレンズを購入するのに処方箋はいるのか?」という疑問についてですが、コンタクトレンズと処方箋の関係は、コンタクトレンズを購入する時に必要というのが一般的です。
法律(薬事法)では、「購入時には必ずしも必要でない」という見解が出ています。
更に、コンタクトレンズの販売店には医療機器販売業の許可は必要となりますが、処方箋が必要となっていないのが事実です。
要するに「コンタクトレンズの処方箋は、購入時には必要ない」というのが国の結論という訳です。
コンタクトレンズの処方箋とは、あくまで「医師が発行する」といった意味合いが強く、「信用性」という程度となります。

医療レーザー脱毛は、医療機関で行いましょう!

医療レーザー脱毛は、毛根部のメラニン色素に熱を吸収させ、その部位から放出される熱により、毛を成長させる組織に熱でダメージを与えることができます。
表皮にダメージが少なく、安心、安全に脱毛することができます。
1回に広範囲を短時間で処理ができるため電気脱毛では、何回かに分けていた脚や腕のムダ毛施術も一度に全体を処理することができます。
レーザー脱毛を繰り返すことで永久脱毛に近い効果があります。
厚生省からの通知として<エステサロンのエステティシャンによるレーザー脱毛は医療法違反となる>となっています。
医療機関でおこなう医療レーザー脱毛と違い、エステサロンでのレーザー脱毛には、火傷などの皮膚障害が多数報告されています。
安全を確保するためにも、レーザー脱毛は、必ず医療機関で行いましょう。
レーザー脱毛は、皮膚へのダメージが少ないので、ほぼ全身の部位で照射可能です。
ワキの下やビキニライン、背中、お腹などや、顔のウブ毛などの部位も脱毛が可能となります。
レーザー脱毛を行うことで毛根を破壊し、毛がなくなるために毛穴がふさがることが可能となります。
毛穴が目立たなくなり肌のキメが細かくなる為、お肌がスベスベになり、肌のくすみやざらつきを改善する効果があると言われています。

医療レーザー脱毛ならスキンクリニック亜門へ
https://www.clinic-amon.jp/sp/menu/epilation.html