コンタクトレンズ」カテゴリーアーカイブ

コンタクトレンズを購入するのに処方箋はいるのか?

「コンタクトレンズを購入するのに処方箋はいるのか?」という疑問についてですが、コンタクトレンズと処方箋の関係は、コンタクトレンズを購入する時に必要というのが一般的です。
法律(薬事法)では、「購入時には必ずしも必要でない」という見解が出ています。
更に、コンタクトレンズの販売店には医療機器販売業の許可は必要となりますが、処方箋が必要となっていないのが事実です。
要するに「コンタクトレンズの処方箋は、購入時には必要ない」というのが国の結論という訳です。
コンタクトレンズの処方箋とは、あくまで「医師が発行する」といった意味合いが強く、「信用性」という程度となります。

初めてコンタクトレンズを付けた時の感想

初めて、コンタクトレンズを装着した時は、あまりにもなんでもくっきり見えるようになり、自分自身の肌質の悪さに驚愕でした。
普段はかなり度が強いメガネをかけていたので、見えるもの全てが、大体ひとまわりくらい小さく見えてました。
ファーストフード店で、ドリンクのMサイズを頼んだときに「間違いでLサイズがきてしまった」と、びっくりしました事もありました。
近眼の度合が強い場合は、普通に見た時とメガネをかけた状態で見た時との、ものの見え方や大きさがかなり違う事に驚きを覚える方も多いと思います。
周囲の反応も、「メガネじゃないほうが良いよ」など、かなり良かったのです。
でも、今までずっとメガネをかけてきたので、顔がメガネにあった形になってて、暫くの間は「これが自分の顔」という実感があまりありませんでした。