自毛植毛には植毛する施術範囲に限界がある

自毛植毛の手術は、継続的に育毛剤を使用しているのに効果が現れない人や、若ハゲが進行してきている人、薄毛に悩まれている人で、確実に毛を生やしたいという人には、唯一解決できる方法だと言えます。
自毛植毛の植毛手術は、AGAなどによって生え際や頭頂部の毛が薄くなった場合、残っている後頭部の毛を移植するという方法で、後頭部や側頭部の毛を毛包ごと採取して、薄くなった箇所に受け付けることで、毛をよみがえらせる外科手術です。
いくつかの方法があり、現在主流となっているのは、毛包単位で移植する方法で、その中にもFUT法とFUE法があります。
この2つの最大の違いは、頭皮を切るか切らないかということで、FUE法は切らない植毛、FUT法は、メスを使った植毛となります。
どちらの方法も、定着率が高く、自然な植え付けができ、高密度の植え付けが可能です。
ただ、自毛植毛は、後頭部の毛をドナーとして使用するため、移植できる本数や施術範囲には限界があるというデメリットもあります。

自毛植毛なら大阪のNDクリニックへ
http://nd-clinic.jp/mens/aga/