美容皮膚科で切らずにしわ・たるみ治療をする!

美容皮膚科では、しわやたるみを綺麗にのばすことができます。手っ取り早い整形を考えてしまいますが、本当に美しくなろうと考えるのなら、あまりおすすめできません。美容皮膚科の治療法はレーザー治療が主で、ボトックス注入によっても効果が得られます。レーザー治療では光を当てていきます。レーザー光線は肌の奥の真皮層に作用し、コラーゲンの生成を活性化させます。結果、潤いが出るのでしわが気にならなくなるというものです。ボトックス注入は、ヒアルロン酸などを注入することで筋肉の働きを弱めます。小顔やシワには効果的とされており、切らない治療法となります。切る場合には確実な効果がすぐにあらわれます。しかし切った箇所が傷跡になったり、膿などの経過が出ることがあります。できれば切ることは避けたいので、美容皮膚科では最適な治療法を行っていると考えられます。特殊な繊維を使っての治療法があり、溶ける糸を使用してハリを取り戻すというものです。糸はいずれ溶けるので手軽に受けられますね。カウンセリングを行い、最適な方法を見つけましょう。