目が痛くて眼科を受診しました

ある日目が覚めると、コンタクトを入れた右目が痛くて、目を開けることが出来ませんでした。
どうやら、眠っている間にベッドから落ちて、そのときに、ベッド脇に置いてあった、箱の角で目を打ったようなのです。
私は片目を閉じたまま、両親に連れられて眼科に行きました。

眼科では痛みを感じなくする目薬をさされて、視力検査を受けました。
視力検査は「だいたいの感じでいいですよ」と言われました。そうして、丸に隙間が空いた方向を言って視力検査をしたら、視力がよくなっていました。
そして、順番を待っていると先生から呼ばれたので、診察室に入りました。
先生は機械を通して私の眼球を見ると「殴られました?」と聞きました。
私は多分、眠っている間に箱の角で目を打ったらしいということを言いました。
私は角膜に小さな傷ができていたのです。
そこで、目薬を処方してもらいました。
角膜の傷はそのうちに自然と治るでしょうということでした。

あんなに痛い思いをしたのは初めてでした。
眼科に行ったのは久しぶりでしたが、痛い目にあったのに、視力が良くなっていたことにはビックリしました。
眼科にはその後、一回行きましたが、異常はありませんでした。
目は大切なものなので、コンタクトレンズと同じく定期的に目の検診を受けることも大切だと思いました。
今週のおすすめは高岡コンタクトozawa