初めてコンタクトレンズを付けた時の感想

初めて、コンタクトレンズを装着した時は、あまりにもなんでもくっきり見えるようになり、自分自身の肌質の悪さに驚愕でした。
普段はかなり度が強いメガネをかけていたので、見えるもの全てが、大体ひとまわりくらい小さく見えてました。
ファーストフード店で、ドリンクのMサイズを頼んだときに「間違いでLサイズがきてしまった」と、びっくりしました事もありました。
近眼の度合が強い場合は、普通に見た時とメガネをかけた状態で見た時との、ものの見え方や大きさがかなり違う事に驚きを覚える方も多いと思います。
周囲の反応も、「メガネじゃないほうが良いよ」など、かなり良かったのです。
でも、今までずっとメガネをかけてきたので、顔がメガネにあった形になってて、暫くの間は「これが自分の顔」という実感があまりありませんでした。