コンタクトレンズの洗浄はこまめに丁寧に

コンタクトレンズの洗浄を怠っている人は多いと思います。
洗浄液を入れた容器にコンタクトレンズを入れるだけできれいになっていると思っていたら大きな間違いです。
実際にはコンタクトレンズの洗浄液の中にもともとコンタクトレンズについていた雑菌などが繁殖してしまって、
余計に衛生的に問題がある状態になっていることもあるのです。
そんな事を教えてくれたのが広島コンタクトの店長です。
きっちり洗浄せずにそうした雑菌の繁殖した洗浄液につけているコンタクトレンズを使用し続けると、目に悪影響しか及ぼしません。
もちろんハードコンタクトの人もそうですが、ソフトコンタクトレンズ
、例えば二週間の使い捨て型のものを使っている人が実は最も危ないのです。
ついつい洗浄をおろそかにしやすく、また二週間経てば新しいコンタクトレンズにするのだからきれいになるでしょうと勘違いしていることが多いのです。
そうした人がよくやるさらに怖いことがその雑菌の繁殖したケースを長い期間使い続けることです。
繁殖した状態のものをろくに洗浄せずに使い続けることでコンタクトレンズに付着した雑菌ともとからある雑菌が混ざり合って、
より一層不衛生な状態にコンタクトレンズがなるのです。
新品のものを使ってもまたその汚いケースにつけおきするのですから、
すぐに不衛生なコンタクトレンズをつけることになってしまっています。